エディファミリー 会社沿革

1966年
茨城県水戸市にて、貸衣裳店:ともえや(個人)を創業する
1967年
法人化し、有限会社ともえや を設立する
1969年
「花嫁センター」を開設する
1974年
通産大臣より前払式特定取引業許可(許可番号 互 第3019号)を取得し、互助会システムの本格的な展開を開始する。
1978年
婚礼事業会社:株式会社天元を設立する
1979年
有限会社ともえやを、茨城ともえ互助会有限会社へ社名変更する
株式会社天元が、総合結婚式場:水戸サンシャイン常陽を開設する
1983年
葬祭事業会社:株式会社富士祭典 を設立する
1984年
株式会社天元が、総合結婚式場:日立サンシャイン常陽を開設する
1993年
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士勝田稲田館を開設する
1994年
株式会社天元が、ゴルフ練習場:サンゴルフパークを開設する
1996年
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士日立館を開設する
1997年
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士水戸西原館を開設する
1998年
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士水戸駅南館を開設する
1999年
茨城ともえ互助会有限会社を、株式会社エディファミリーへ改組し社名変更する
2000年
本社内に介護ショールーム:ヴィヴィットセンターを開設する
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士勝田昭和通り館を開設する
2001年
株式会社富士祭典が、セレモニーホール:セレモニア富士那珂東海館を開設する
総合結婚式場:日立サンシャイン常陽を、セレモニーホールへ転用し、“日立サンプラザ”と施設名称変更する。
セレモニーホール:セレモニア富士日立館を転用し、互助会営業部日立営業所とする
2002年
株式会社エディファミリーと株式会社富士祭典が合併する。存続会社をエディファミリーとし、富士祭典は葬祭部門となる
株式会社サンレーより茨城エリアの会員譲渡(互助会の営業権譲渡)を受ける。同時に貸衣裳店:アフロディーテ(3店)とセレモニーホール:紫雲閣の営業を引継ぐ
セレモニーホール:セレモニア富士高萩館を開設する
セレモニーホール:セレモニア富士常陸太田館を開設する
2003年
貸衣裳店:アフロディーテを“ア・ランジュ”と施設名称変更する
セレモニーホール:紫雲閣を“セレモニア富士酒門館”と施設名称変更する
2004年
総合結婚式場:水戸サンシャイン常陽を“フェリヴェールサンシャイン”と施設名称変更する
2005年
株式会社エンドウより、水戸芸術館内レストランの営業権譲渡を受け“ヴェールブランシェ”の運営を開始する
セレモニーホール:セレモニア富士勝田稲田館を建て替える
2006年
葬祭部門が、茨城県内葬祭業界初となるISO9001の認証取得をする
ウェディング複合施設:ウェディングスクエア水戸を開設する
ウェディングゲストハウス:アンレーヴ鹿島フォンテーヌクールを開設する
セレモニーホール:セレモニア富士常陸大宮館を開設する
2007年
“フェリヴェールサンシャイン”内にディライトハウス:グラミスを開設する
“フェリヴェールサンシャイン”の運営を、株式会社天元より、株式会社エディファミリーブライダル事業部へ業務統合する
2008年
家族葬ホール:和み庵を葬祭部水戸店に開設する
2009年
有限会社ボレーより、フェリヴェールサンシャイン内レストランの営業権譲渡を受け“オーボン アネックス”の運営を開始する
家族葬ホール:和み庵をセレモニア富士水戸酒門館2階に併設する(水戸酒門館 和み庵
フェリヴェールサンシャインチャペルをリニューアルしウェディングステージSOUを開設する
2010年
家族葬ホール:和み庵を日立市役所前に開設する(日立市役所前 和み庵
セレモニーホール:セレモニーホール城里を開設する
2011年
家族葬ホール:諏訪 偲ぶ庵を日立市諏訪に開設する(諏訪 偲ぶ庵
2013年
セレモニーホール:セレモニア富士大子館を開設する
フェリヴェールサンシャイン内レストラン“コート ル・ヴァン”の運営を開始する
2014年
セレモニーホール:セレモニア富士水戸50号バイパス館を開設する
本社を水戸市千波町 セレモニア富士水戸50号バイパス館4Fに移転
2016年
水戸芸術館レストラン“ヴェール ブランシェ”、水戸市への返還をもって営業を終了。